スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<中日応援禁止>球場締め出しは無効 名古屋地裁判決(毎日新聞)

 プロ野球12球団と警察庁などで作る「暴力団等排除対策協議会」が、中日の私設応援団2団体の球場での応援禁止や一部メンバーを球場から締め出したのは、権利の乱用で違法だとして、2団体のメンバー約100人が12球団と日本野球機構、日本プロフェッショナル野球機構を相手取り、処分の無効と慰謝料の支払いを求めた訴訟の判決が28日、名古屋地裁であった。増田稔裁判長は「裁量権を逸脱するもの」として、球場締め出しの処分を無効と認め、対象となった約20人に対し、1人当たり1万1000円の支払いを認める判決を言い渡した。一方、応援禁止処分については「裁量権の範囲」として認めた。

 訴えたのは「名古屋白竜会」と「全国竜心連合」の2団体。同対策協議会は08年3月、2団体に対し、プロ野球の試合での鳴り物応援(応援団方式による応援)を不許可。さらに同白竜会のメンバー22人に対して球場チケットの販売を拒否し球場から締め出す処分を出した。

 訴訟で被告側は処分理由について、応援団のメンバーの中に「暴力団とかかわりのある団体の傘下の政治団体に所属していた」などと指摘。その上で「球団は私的企業であり、チケット販売や応援の許可については『契約自由の原則』に基づき自由裁量で行える」と主張していた。

 一方、原告側は、政治団体は暴力団とは無関係で既に解散していると反論。「プロ野球事業は公共性を有しており、契約自由の原則は制限される。処分は恣意(しい)的な判断で妥当性を欠く」と主張していた。【式守克史】

【関連ニュース】
いじめ訴訟:病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し
在韓被爆者訴訟:長崎地裁で和解 1次原告127人
広島・いじめ訴訟:いじめで病気、賠償を増額へ--最高裁差し戻し

<奈良県議会>東大寺大仏殿で議会 12月に 23年ぶり(毎日新聞)
京都市バス、電柱に衝突…9人けが(読売新聞)
小沢氏「職務全うしたい」辞任の意向無し(読売新聞)
那覇発日航機、エンジントラブルで引き返す(読売新聞)
首相の偽装献金、不起訴不服で検察審に申し立て(読売新聞)
スポンサーサイト

大阪・梅田スカイビル空中庭園でバレンタインイベント(産経新聞)

 梅田スカイビル(大阪市北区)の空中庭園で29日から3月14日まで、バレンタインデーに合わせた毎年恒例のイベント「Lovers Story」が行われる。地上40階の展望台と屋上を、ハートのイルミネーションやイングリッシュガーデン風の空間にベンチを設置するなどして装飾。2月12~14日には、夜景を眺めながら生演奏を楽しめる。空中庭園内の喫茶店「カフェスカイ」では、2月12~14日の3日間限定でチョコフォンデュが楽しめる「チョコファウンテン」(300円)が登場する。

【関連記事】
高島屋、バレンタインフェア 国内外80ブランド一堂に
グローバルWS、バレンタイン氏も大歓迎 野球
西友が英PBのチョコを直輸入 バレンタイン商戦へ
高木美帆、長澤まさみとバレンタインCM共演
長澤&榮倉、特大手作りチョコに挑戦♪

マンション協力金 不在所有者の負担認める 最高裁判決(毎日新聞)
鳥取連続不審死 他殺に無念さにじます遺族(産経新聞)
小沢幹事長宅に実弾か=秘書が発見、届け出-警視庁(時事通信)
梅は開花直後が一番「いい香り」 和歌山県と花王が共同研究(産経新聞)
普天間移設、現行案で決着も=岡田外相(時事通信)

小沢氏 聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部による小沢氏への任意の事情聴取は23日に行われる見通しとなった。小沢氏側が同日を希望すると伝え、検察側は小沢氏側の都合を最優先するとの意向を示したとみられる。特捜部は「事情聴取には4時間程度必要」と小沢氏側に伝えた模様だ。

 また、特捜部は、小沢氏の妻への事情聴取も打診している。小沢氏側が、問題となっている土地購入の原資について「亡父の相続遺産を元に、その後積み立てるなどして小沢氏や妻名義で信託銀行に預けていたものを約10年前に引き出し自宅に保管していた」などと説明しているため、妻からの聴取も必要と判断したとみられる。これに対し小沢氏側は、小沢氏本人がまとめて説明する意向だという。

 事件では陸山会が04年10月に小沢氏の手持ち資金4億円で東京都世田谷区の土地(代金約3億5200万円)を購入しながら、同年の収支報告書に記載しなかったなどとして、当時の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人が政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕されている。この前後に陸山会の複数の銀行口座で複雑な資金移動が行われ、中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部らが、同時期に受注した胆沢(いさわ)ダム下請け工事の謝礼として石川議員に5000万円を渡したと供述している。

 特捜部は、小沢氏に虚偽記載についての認識のほか、4億円に水谷建設からの資金が含まれていた疑いもあるとみて説明を求めるとみられる。

 特捜部は5日に小沢氏に聴取を要請したが12日までに具体的な返答がなく、13日に関係先の家宅捜索に踏み切り、15~16日に石川議員ら3人を逮捕した。小沢氏は16日の党大会で検察と全面的に対決する姿勢を示したが、その後、各種世論調査で内閣支持率が急落。18日には捜査に協力する意向を示していた。

【関連ニュース】
<写真で見る>小沢氏側近の石川議員逮捕 政界に激震
小沢幹事長:聴取応諾回答で、地検と日程調整へ
土地購入事件:小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える
陸山会土地購入:引き出しは3億円 石川議員供述と差
陸山会土地購入:地検捜査巡りシンポ

小沢事務所あて金属弾、ライフル実弾と判明(読売新聞)
<峰崎副財務相>参院選不出馬、今期限りで引退(毎日新聞)
自殺・うつ対策PT 3月に中間対策案(産経新聞)
東電元社員らオリックスから2億4千万詐取容疑(読売新聞)
<小沢氏団体不透明会計>小沢氏聴取会見 岩手県民ら、内容に不満の声(毎日新聞)

今年のセンター試験、科目間の得点調整なし(読売新聞)

 大学入試センターは22日、今月16、17日に行われた大学入試センター試験の科目間の得点調整は行わないと発表した。

 得点調整の対象科目は、地理歴史の3科目、公民の3科目、理科の4科目。平均点に20点以上の差が出た場合に検討するが、ほとんどの採点を終えた22日現在で、最も開きがあった生物1(69・70点)と化学1(53・78点)の差が15・92点にとどまった。

<原発>管理区域内にたばこの吸い殻 敦賀、東海第2、美浜(毎日新聞)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
小沢氏説明の銀行出金は原資に足らない3億円 聴取応じる意向(産経新聞)
<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)
「怖さが先立って…」別事件での自白を菅家さんが説明 足利再審(産経新聞)

異例の懲戒免職2回目 また飲酒運転発覚(産経新聞)

 停職中に酒気帯び運転で交通事故を起こしたとして、茨城県鹿嶋市は20日、同市人事課主幹の男性職員(53)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は同日付。この職員は平成20年12月にも、酒に酔った状態で車を運転、出勤してきたとして懲戒免職処分を受けたが、鹿島地方公平委員会の裁決を受け、停職6月に処分が修正されていた。

 1人の公務員が“2回”の懲戒免職処分を受けることは極めて異例で、地方公務員の処分をまとめている総務省公務員課も「聞いたことがない」という。

 市人事課によると、職員は21年3月20日、自宅で日本酒約2リットルを飲んだ後に乗用車を運転。市内の県道交差点で停車中の車と衝突する事故を起こし、県警鹿嶋署に摘発された。

 職員は20年11月に、酔った状態で車を運転して出勤したことが発覚。過去に酒気帯び運転事故で停職処分を受けたこともあることから、同年12月、懲戒免職となった。

 その際、職員が免職処分について公平委員会に不服を申し立てたところ、公平委員会は「飲酒量や飲酒時間などの裏付け証拠がない」として停職6月に修正する裁決を出した。再審請求が却下された市は裁決通りに処分を修正、職員は21年12月に復職していた。

 21年3月の事故は、職員が停職中に起こした形となり、市は今回、改めて職員を懲戒免職処分とした。同市の処分基準では飲酒運転をした職員は原則、懲戒免職処分と定めており、同課は「飲酒運転の常習性は言語道断」としている。

 内田俊郎市長は「飲酒運転撲滅に取り組んでいる最中に職員がこのような不祥事を引き起こしたことは誠に遺憾」とコメントした。

【関連記事】
勤務中に飲酒の職員を減給 帰宅時の運転は不問
科研費不正の東大教授、停職15日の懲戒処分
消防士長が部下殴る 東京消防庁、停職6カ月 「指示に従わず」
窃盗容疑の海自隊員を免職 呉地方総監部
空士長、同僚の財布から2万円盗み免職 「車のパーツ代欲しかった」

またボンバル機が引き返し 警告灯の表示に不具合(産経新聞)
東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資金詐取容疑-2億4千万円被害・警視庁(時事通信)
仮面夫婦TOSHIと香夫人 応援団もつくドロドロ合戦(J-CASTニュース)
<足利事件再審>菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)
バイエルの不整脈治療剤を承継―ホスピーラ・ジャパン(医療介護CBニュース)

障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ(医療介護CBニュース)

 構造改革特区の設定などを検討する政府の構造改革特別区域推進本部は1月19日、評価・調査委員会の下部組織である医療・福祉・労働部会を開いた。小規模多機能型居宅介護事業所が提供する生活介護の障害者による利用について、特区内だけでなく全国展開を認める意見案を了承した。2月に開かれる評価・調査委員会に報告される。

 一方、木造2階建ての特別養護老人ホームなどの建物の安全性が確保されていると地方公共団体が認めた場合、建築基準法で定める「準耐火建築物」とする特例措置の全国展開については、「安全な避難経路を確保する方策の検討」が必要とし、来年度に評価することとされた。

 株式会社による病院開設が可能な特例措置を全国展開する方針については、前年度に続いて今回も評価を見送り、11年度に改めて評価する意見案を了承した。



【関連記事】
株式会社特区、拡大は「全く理解できない」-日医
NPをどうするか、厚労省政務官と話し合いの場を
株式会社の病院開設認める特区の調査方法で議論
病院開設特区、評価は08年度以降に
株式会社診療所が横浜にオープン

田の中勇氏死去(声優)(時事通信)
岡山選挙区から出馬を拒否=自民・片山氏、県連要請に(時事通信)
鳩山首相、先端医療センターを視察(時事通信)
<消費者庁>新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合(毎日新聞)
<学力テスト>鳥取県は経費を全額肩代わり 平井知事方針(毎日新聞)

龍馬ゆかりの鞆の浦 海援隊知らしめた沈没事件 (産経新聞)

【龍馬ゆかりの地を行く】

 最近の景観論争で一躍、脚光を浴びている「鞆の浦」(広島県福山市)。しかし、実は歴史上の大事件の舞台でもあった。幕末の志士、坂本龍馬とのかかわりで知られる、慶応3(1867)年に起きた「いろは丸沈没事件」である。国内初の蒸気船同士の衝突事故で、沈没した船に乗っていた龍馬ら海援隊一行は鞆の浦の中心部にあたる鞆に上陸。事故の相手方の紀州・徳川家と賠償交渉で堂々とわたり合い、海援隊の名を世間に知らしめた。

 事件の概要は、次のようなものだ。慶応3年4月23日夜、宇治島(現広島県福山市)沖で、龍馬率いる海援隊が乗り込んだ蒸気船「いろは丸」(160トン)が、徳川御三家のひとつだった紀州の蒸気船「明光丸」(870トン)と衝突、沈没した。龍馬ら海援隊一行は明光丸に乗り移って鞆の浦に寄港、紀州側と4日間にわたって賠償交渉を行った。その後、舞台は長崎に移り、交渉は難航したが、最終的に龍馬側が紀州側から多額の賠償金を勝ち取った。

 舞台は、護岸に石を階段状に据えた「雁木(がんぎ)」や、港のシンボルである石灯篭(とうろう)の常夜灯、国重要文化財の「太田家住宅」など、江戸時代から残る数少ない港湾遺産にも近い。

 「当然、龍馬や海援隊の一行も、この雁木を踏みしめて行き来したはず。雁木は歴史を伝える生き証人であると思います」

 江戸期の蔵を利用して近くに開設された「いろは丸展示館」館長の赤松宏記さん(67)は、こう語る。


   ×    ×


 沈没現場の過去の潜水調査結果や、龍馬と鞆の関係など、貴重な資料が並ぶいろは丸展示館。引き上げられた帆船の滑車や索具、船室の蛇口やドアノブ、燃料の石炭。さらに、龍馬が鞆で滞在中に泊まった商家内で、用心のため使ったとされる隠れ部屋も再現、龍馬の息吹が伝わってくる。

 「龍馬は、ファンの年齢層が幅広いことが特徴。リピーターを期待して、龍馬には町おこしに一役買ってもらったわけですが、人気は期待以上」と、赤松さんは話す。

 鞆に残る龍馬ゆかりの地は多い。港から古い民家が軒を連ねる町並みをしばらく行くと、「御舟宿いろは」がある。事件で、龍馬らが紀州徳川家との賠償交渉で使った町役人の亀屋万蔵の旧宅を修復、改装した宿屋だ。

 「家は歴史的に貴重な史跡。周辺の古い家屋もなくなりそうな危機感もあって、購入、運営を決断しました」と、NPO法人「鞆まちづくり工房」代表理事の松居秀子さん(58)。

 白壁と格子に、色とりどりのギヤマンの窓が組み合わさった外観。入り口近くに喫茶室があり、奥には交渉の場となった部屋が再現されている。龍馬が残した走り書きをしたためた掛け軸や写真も飾られている。

 松居さんは、鞆の浦の景観保全活動にも取り組み、鞆港の埋め立て架橋計画をめぐって反対住民が起こした訴訟では、原告団の中心的存在だ。

 「紀州相手に談判する龍馬は、裁判を闘う私たちと、ある意味、似ており、その自在な活動は市民運動につながる面もあります。今考えてみれば、ご縁があったのかも」

 自身の境遇をいろは丸沈没事件と重ね合わせ、松居さんは龍馬の雄姿に思いをはせた。


   ×    ×


 「鞆ならではの史料は、いろは丸しかない。原本を探し出して展示したい」

 鞆港や瀬戸内の島々を一望できる地に建つ「鞆の浦歴史民俗資料館」。平成20年秋、特別展「坂本龍馬といろは丸事件」が開かれた際、同館学芸員の園尾裕さん(56)は、史料探しに奔走した。

 園尾さんが求めたのは、昭和63年出版の「龍馬全集」(宮地佐一郎編、光風社)に収録された「いろは丸航海日誌・付録草稿」。研究家数人に尋ねても分からず、博物館などに調査を依頼するなど手を尽くした。

 それでも見つからず、あきらめかけたころ、NHK新潟放送局が20年前に放映した番組で、この史料を使っていたことを知った。

 所有者はすでに故人となっており、遺族から「原本は不明だがコピーがある」と返事があった。原本ではないが探し続けていた史料に、ようやくたどりついたのである。

 「コピーは全部で32枚。最初の表紙は(海援隊士の)長岡謙吉以外の筆で『坂本龍馬手記イロハ丸航海日誌』とありました。史料は展示が終わって撤収すれば何も残らない。だから記録集を残すんです」

 龍馬が鞆の浦にもたらした夢のような話をもうひとつ。鞆と対岸の仙酔島を結ぶ市営乗船場の前にある古刹(こさつ)「浄泉寺」。境内には観音像と並んで龍馬の立像が建っている。

 高さ約1メートルの「龍馬観音」。後方には、海援隊と紀州徳川家との別の交渉場所になったという対潮楼があり、龍馬の指差すかなたは、いろは丸沈没地点だという。

 住職の大仲伸隆さん(60)によると、夢枕に龍馬が現れ、観音を拝み、くるっと回って右手でいろは丸を指差した。平成21年夏に完成した龍馬観音は、その夢を具現化したもの。「龍馬観音を中心に町おこしがしたい」と、大仲さんは張り切る。

 龍馬の足跡は、いまなお鞆の浦の住民らの記憶にとどまり、勇気や夢を与え続けている。(竹室輝之、豊田大祐)

 ■「鞆の浦歴史民俗資料館」 鞆港や瀬戸内の島々を眺望できる高台にあり、瀬戸内海中央部の歴史や文化資料を収集・展示している市の施設。七首の万葉歌、源平史跡、史跡「朝鮮通信使遺跡・鞆福禅寺境内」などの資料や県史跡「鞆七卿落遺跡」関連資料などがある。開館時間は午前9~午後5時。月曜休館。入館料150円。福山市鞆町後地536の1。(電)0849・82・1121

【関連:龍馬ゆかりの地を行く】
港町が生んだ偉大な功績、丸山 龍馬ら海援隊の人気今も
お龍と童心に返った下関
高杉晋作と語る夢、関門海峡 龍馬ゆかりの地を行く
手紙が語る志士の魂 長浜
龍馬の志開いた「脱藩の道」 河辺

首相「偽装献金事件、決着した」…衆院代表質問(読売新聞)
松木、樋高両衆院議員が石川容疑者の元秘書告訴を表明(産経新聞)
滋賀・草津にイチゴ香る商店街 立命大構想 空き店舗に栽培工場(産経新聞)
<人事>東京高裁長官 安倍・福岡高裁長官が就任(毎日新聞)
新型インフルワクチンを65歳以上への接種開始(産経新聞)

オードリー春日さん骨折(時事通信)

 TBSは20日、お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さん(30)が同局のクイズ番組「オレたち! クイズMAN」のロケ収録中に左足を骨折したと発表した。
 TBS広報部によると、春日さんは19日、番組の企画でスタントを体験するため、神奈川県相模原市でロケ収録。リハーサルでワイヤに引っ張られて空中を飛び、クッション(厚さ1.2メートル)の上に着地した際、左足のすねとくるぶしを骨折したという。現在、入院中だが、7~10日で仕事に復帰できる見込み。 

<国交省>「脱ダム」治水のアイデアを募集(毎日新聞)
【チャイム】「クールビズ廃止を」 ネクタイ業界が陳情(産経新聞)
<自民>外国人地方選挙権付与 反対活動強化へ(毎日新聞)
首相動静(1月16日)(時事通信)
ブルジュ・ハリファ 124階は浮遊感…雲に手届きそう(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。